hienbiフィルムの中でも、環境への負荷に配慮した素材であり、近年の環境意識の高まりとともに、需要が増えつつあります。  

どのようなシールに向くか

塩ビは耐久性・耐光性が高い半面、燃やすと環境負荷がかかる素材です。非塩ビは環境負荷が低く、塩ビに近い機能を備えているため、環境性を意識する際は非塩ビでシールを作ることをおすすめします。

よくあるトラブル

環境対応も高い素材ですが、コスト面で若干他の素材よりも効果になってしまいます。