どのような商品に使われるのか

家電製品自体にブランド名や必要事項をシールに印刷して貼り付けます。そのため、製品によってはシールに耐熱性・耐電性・耐水性が必要となります。

どういった場所で使われるのか

紙製の場合は封筒や紙袋、フィルム製の場合はCD/DVDケースや消火器・瓶の蓋などに向いています。
梱包作業やオフィス、倉庫内での作業など、封入・封缶作業の際に使われます。

よくあるトラブル

シールが商品に貼られていることが多いため、お客さんがシールを剥がそうとすることがあります。
その際、シールがはがれにくかったり、糊の跡が残ったりするので、剥がしてもよいシールは跡が残らないような糊を選択した方がよいでしょう。