ファンケルは、粘着テープ1枚で採取できる角層タンパクを使い、肌ストレスによる皮膚内ダメージを評価する方法を開発した。
角層タンパクを使い、ストレスを受けることで皮膚内に生じるDNAダメージに応じて増加するタンパク質「HSP27」を測定する。
粘着テープを使用することで肌を傷つけずに、個人によって異なる、紫外線、界面活性剤、一部の化粧品成分などの日常的なストレスによる肌ダメージを評価できることが示された。